ここから本文です

お知らせ・PR

【ゲストハウス開業物語】箱根にゲストハウスができるまで(1)~インタビュー編~

初めまして、大学生フリーライターのrenです!
4月からシェアハウス・ワークショップ運営などの活動を行っていきますが、ひげむぅでもゲストハウスの魅力を伝える記事をバンバン書いていこうと思っていますので、よろしくお願いします!

 

それではさっそく本題に入りますが、現在僕の友達の岩切という男が箱根にゲストハウスを作っています。5月に開業予定なのでまだまだ改装中なのですが、オープンするまでの様子を「箱根にゲストハウスができるまで」というシリーズにしてお届けしていくことにしました!

シリーズ第1弾となる今回は、岩切へのインタビューを通して彼の人となりやゲストハウスを作ろうと思い立ったきっかけ、理想とするゲストハウスのイメージなどをお伝えします。

「いつか自分でゲストハウスを経営したい!」という人の参考にもなればと思います。

ゲストハウス開業のきっかけは鎌倉から

岩切大亮

横浜出身鎌倉育ちの23歳。鎌倉の1192シェアハウスでの生活を通し、コミュニティから生まれる交流に新しい豊かさを見出す。現在は自らゲストハウスを立ち上げるべく、箱根で見つけた物件を改装中。

なぜゲストハウスを立ち上げようと思ったのですか?

鎌倉でのシェアハウス生活や、よく遊びに行っていた鎌倉のゲストハウスがきっかけですね。どちらにも共通して言えることですが、そのコミュニティでの人との交流が本当に楽しかったんです。


シェアハウス1192での団らん

ゲストハウスにはよく行くのですが、その場にいると旅をしている気分になれるんですよ。国籍問わずいろんな人の話が聞けるので。そんな交流を経験するなかで、自分のゲストハウスを作りたいという想いが日々強くなっていきました。

ゲストハウスの良さとはなんでしょうか?

ひとつは、観光雑誌には載っていない、地元の人しか知らないような隠れた名所をスタッフに教えてもらえることです。スタッフとのつながりが生まれれば、「旅をしに行く」のではなく「人に会いに行く」という旅の楽しみ方ができますよね。その土地で仲良くなった友達がいれば、その街の住人ならではの魅力を紹介してもらえて、旅がもっと楽しくなります。

なぜ箱根を選んだのですか?

ゲストハウスでの経験を積むべくHAKONE TENTで働いていたのですが、そのうちに鎌倉と同じくらい箱根が好きになったんです。近くのゲストハウスとのつながりや、地元のお店とのつながりもたくさんできたので、それも後押しになりました。でもゆくゆくの夢は鎌倉でゲストハウスを開くことなので、今回のゲストハウス立ち上げの経験を活かし、いずれは鎌倉でゲストハウスを開こうと思っています。

他でもない自分がゲストハウスを立ち上げねばならない理由はなんですか?

もちろん既存のゲストハウスでもできることはたくさんあります。しかし自分が理想とする空間を思い描けば思い描くほど、「自分でやりたい!」という想いが強くなっていきました。1から全部自分で作り上げていくのは本当に大変ですが、それ以上に楽しいという気持ちが大きいです。まだ既存のゲストハウスとの圧倒的な差別化ができていないので、これからもっと突き詰めて考えていくつもりです。


ゲストハウスの裏には箱根登山鉄道が走ります

どんな場所にしていきたいですか?

ゲストハウスを訪れる人はひとり旅が多く、出会いや交流を求めていることが多いので、国籍問わず交流できる空間を作りたいです。自分の想いや価値観を人に話し、それを聞いた人がまた自分の想いを話して、そこから何か新しいことが生まれれば面白いですよね。なのでゲストにはバースペースで様々な人と交流してもらいたいです。


線路と景色がいいかんじ!

ゲストハウスで限界集落を元気に

オープンする場所は、箱根の宮ノ下という限界集落です。入湯客数は日本一なのですが、若者の数が年々減っています。ゲストハウスをきっかけに若い人に箱根に遊びに来てもらい、ゆくゆくは箱根に根付く人を増やして地域活性化につなげたいですね。いま考えているのは、近くに住む高齢者とお茶会を定期的に開いたり、高齢者の家に遊びに行きお話を聞いたり、といったものがあります。そういう活動が日常的に行われていれば、いざというときにも即座に対応できますしね。

ぜひ遊びに行きたいのですが、遊びに行けるようなイベントはありますか?

クライミングウォールを敷地内に作って遊ぶこと、高い標高を活かした星空観賞会、敷地内に湧いている源泉かけ流しの温泉を楽しむ会などを考えています。高齢者が多い静かな地域なので、ひっそりと楽しいイベントを行っていきたいですね。


第1回目の大掃除終了後にみんなで!

箱根ゲストハウス(仮)ならではのものはありますか?

売りはコーヒーとカレーです。ぜひ食べに来てください。ベッドはDIYで作る予定なので、そこも見に来ていただきたいです。DIYはワークショップ形式にするので、参加したい人は大歓迎です! メインスペースはカフェのおしゃれ感とリビングの居心地のよさを合わせた空間にし、積極的に交流ができるようにします。オープンしたらぜひ遊びに来てください!

さいごに

「箱根にゲストハウスができるまで」シリーズの第1弾、いかがでしたでしょうか? すべて今から作っていくゲストハウスなので、今後が楽しみですね! DIYのワークショップを開いているので、建物づくりに興味がある方はぜひ参加してみてください。

オープニングスタッフも募集しているので、ゲストハウス開業に興味がある人がいたら連絡してみてください! 手つかずの物件からゲストハウス立ち上げに関われるのはなかなかない機会ですよね。

第2回は「イベント告知&着工」をテーマにお届けする予定なので、お楽しみに!

箱根ゲストハウス(名称未決定)

岩切さんが働いていたHAKONE TENT

1泊3500円で温泉付き!箱根のゲストハウス「HAKONE TENT」で、格安の温泉旅行を楽しもう

Facebookページでも全国の
ゲストハウス情報を更新中!

“お知らせ・PR”の最新記事