ここから本文です

泊まってみた

金沢の新築ゲストハウス「おちゃかれ」で、異文化と地元文化に触れてきました

こんにちは、カズヤです。小学生のときのあだ名はサントスです。

北陸新幹線も開業したことですし、以前から興味のあった金沢に行ってきました。今回は、そのときに泊まったゲストハウス「おちゃかれ」を紹介します。

ゲストハウスおちゃかれとは

「清潔!安全!アットホーム!」をモットーに、2012年にオープンしたゲストハウス。金沢駅から歩いて7,8分の好立地でありながら、2900円で宿泊できます。

オーナーのミキさんにお話を聞いてみました

今日はよろしくお願いします!

こちらこそお願いします!

それにしても、建物がすごいきれいですね。

ええ、新築ですからね。

へえ!新築でゲストハウスって珍しいですよね。なんでまた?

大きくふたつ理由がありまして。ひとつは、とにかく私がきれい好きなもので、自分が泊まるならきれいなお宿がいいし、お客さんにだってもちろんきれいなお宿に泊まってほしいというのがあって。

ほんときれいですもんね、ここ。

ありがとうとざいます。もうひとつは、理想のゲストハウスを実現しようとすると新築以外はあり得ないんですよ。元々ある物件だと、こういうデザインにしたいとか間取りはこうしたいとか考えたときに、どうしても制限があるじゃないですか。でも新築は自分の好きなようにできる。だから設計も自分でやったんです。

設計の知識とかがあったんですね。

いや全然ないです。最初はもちろん設計士さんに依頼してたんですけど、上がってきた図面を見て「全然ちがうよこれ。」って凹んじゃって。だったらもう自分でやるって決めたんです。

なるほど、かなりこだわりがあったようですね。

そうですね、例えばリビングルームの一部がもうドミトリーなんですよ。この戸の向こうが。

(ガラガラッ)

そこもドミトリーなんですね!押入れかなと思ってました。

うちはけっこう外人さんも泊まるんですけど、日本人の方は比較的内気だったりして、なかなか喋りたくても喋れなかったりするじゃないですか。とくに英語だと。でもここまでドミとリビングが近いと、自然と会話が生まれるんですよ。

なるほど!でもちょっと近すぎないですか?笑

お客さんは何だかんだちゃんと気を使ってくれるんで、そっとしておいてほしい人はそっとしておくし、夜遅くまでリビングで騒いだりとかはないですよ。

それならいいですね。お客さんは外国人のほうが多いですか?

土日は日本人もたくさん来ますが、オフシーズンや平日は外人さんがほとんどですね。日本人も外国人も分け隔てなく、お客さん同士にはどんどん仲良くなってもらいたいなって思っています。

異文化交流ってやつですね。

私のまわりにも、英語を勉強したいっていう人とか、外国人と触れ合ってみたいっていう人が多いんですよ。でもなかなかそういう場がなくって。私はあちこち海外に行っていたからそういう楽しくって貴重な経験をできたんですけど、みんなにもそういう経験をしてもらいたいなっていうのがあります。

楽しいですもんね。

ええ。西田さんも今日は楽しんでいってくださいね!うちはスタッフも個性的というか、色んな経験をしてきた人ばっかなんで、話してみるときっと面白いですよ。

はい、楽しみにしています。色々とお話いただいてありがとうございました!

こちらこそありがとうございました。

とにかくきれいな内装

おちゃかれは新築ゲストハウスということもあり、とにかくきれいで清潔感が抜群でした。

きれいな洗面台。

 

2段ベッドのドミトリー。使用中の写真なのでちょっと散らかってますが、シーツはパリっと真っ白でした。

トイレやシャワーもぴかぴかだったのですが、写真を撮り忘れてしまいました。というか僕の写真が下手すぎるので、そのあたりはおちゃかれのホームページを見てみてください。

インターナショナルなお客さんたち

僕が泊まったときは日本人のお客さんは僕以外にひとりだけ。

 

オーストラリア、イタリア、フランス、香港、スペイン、とにかく色んな国からのお客さんが集まっていました。みんな日本に興味があるから来ているので、日本の話をすれば喜ぶし、中にはけっこう日本語を喋れる人もいます。

国際交流をしてみたいっていう人にはもってこいの環境じゃないかなと思いました。

スタッフさんと金沢観光に

宿泊初日の夜に仲良くなった、オーストラリアのDavidとスタッフのクコさんと僕。クコさんが翌日お休みだということで、なんと金沢を案内してくれることに!

兼六園や、

 

ひがし茶屋街、

 

近江町市場などの定番スポットはもちろん、

 

クコさんのお友達がやっている酒屋さんや、

 

近所の利用する銭湯など、超が付くほどローカルな場所にまで連れて行ってくれました!

観光客の来ないような、本当に地元の日本人しかいないところに行きたいと言っていたDavidはかなりご満悦だった様子。銭湯の浴室に入った瞬間には物珍しい西洋人をみんなジロジロ見てましたが、それも楽しかったみたいです。

ちなみに、路線バス1日乗り放題の「城下まち金沢周遊バス1日フリー乗車券」が500円で買えるので、あちこち行きたい人は買ったほうが断然お得です。バスターミナルなどで売っています。

また金沢は雨が多い地域らしく、街中で傘のフリーシェアができます。例えば、金沢駅で借りた傘をひがし茶屋街の休憩所に返却する、というようなことができるので、とても便利です。

まとめ

何度も言いますが、とにかくきれいなゲストハウスです。そしてオーナーのミキさんが言っていた通り、色んな国から集まった人が仲良くなれる場所になっています。

僕がいちばん楽しかったのは、スタッフのクコさんが地元のマニアックな場所にまで連れて行ってくれたこと。観光地ももちろん良いけど、地元の人と触れ合うことにもまた違った楽しさがあります。みんな温かく接してくれるから、それがすごい嬉しいです。そういうことがあるとその土地にとても愛着が湧くし、また来たいなって思ってしまいますね。


クコさん

クコさんはオフの日でもお客さんをあちこちに連れて行ってあげたりすることが多いらしいので、もしかしたらみなさんが遊びに行ったときにも、地元の面白い場所を案内してくれるかもしれませんよ!

ということで、おちゃかれの紹介でした。

ゲストハウスおちゃかれ

石川県金沢市

ドミトリー:2900円~

 

ローカルを楽しもう

地元の人のおすすめ情報だけで京都観光をしてみたら、不思議な旅館にたどり着いた

郡上八幡のゲストハウス「まちやど」に泊まって、美しい自然と歴史を満喫してきました

Facebookページでも全国の
ゲストハウス情報を更新中!

“泊まってみた”の最新記事