ここから本文です

泊まってみた

デザイナーはやっぱりあの人!松本のお洒落なゲストハウス「tabi-shiro」がイケてるよ!

こんにちは、カズヤです。このあいだ、二歳半の甥っ子がもののけ姫のショウジョウを指差して「カズちゃん!」と言っている動画が義姉から送られてきました。似てねーよ(多分)!

さて、2017年もあっという間に1ヶ月が経ちつつありますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

僕はというと、さっそく新年一発目となるゲストハウス、tabi-shiroに泊まってきました。国宝の松本城で知られる長野県松本市にあるtabi-shiroは、とある有名デザイナーが手掛けた、とってもお洒落なゲストハウスなんですよ!

ということで今回は、そんなtabi-shiroの魅力を紹介していきたいと思います。

センス丸出しのお洒落なインテリア

松本駅前の雑踏から離れた静かなところにあるtabi-shiroは、旅館だった建物を改装して2016年6月にオープンした、まだ新しいゲストハウス。松本駅から徒歩11分、松本城からは徒歩6分と、なかなかの立地です。

 

中に入ってまず目にするのが、一枚板のテーブルがカッコいいバーカウンターと、

 

その隣にあるソファスペース。これらの空間は宿泊客以外も利用できるバーラウンジで、近所の人がふらっと飲みに来れる場所になっています。

ソファのうしろの壁に描かれている曲線は、酔っぱらった左官職人のしわざではなく、松本のシンボルである常念岳のシルエット。地元愛が感じられる細かなデザインは松本出身のオーナーならではのこだわりでしょう。

 

ラウンジの暖房は薪ストーブです。沖縄といえばシーサーを思い浮かべるように、長野といえば薪ストーブを思い浮かべるのは僕だけでしょうか。モーニング娘。といえば市井紗耶香を思い浮かべます。

 

こちらは宿泊客だけが入れる共有キッチン。壁に緑色をもってくるところにセンスを感じずにいられません! ひととおりの調理器具や調味料が揃っていて、自由に使えます。

 

仕事や読書に集中できる「こもり部屋」もあります。長旅で疲れていたりすると静かに過ごしたいときもあるので、こんな空間があると助かりますね。

このハイセンスな内装についてオーナーに聞いてみたら、デザインをしたのは東野唯史(あずのただふみ)さんという空間デザイナーでした。

東野さんといえば、お洒落なゲストハウスはすべてこの人が手がけているといったら少しだけ過言になるような人で、これまでに東京のNui.や山口のrucoなどのゲストハウスをデザインしています。そりゃtabi-shiroもイケてるわけだ!

客室やトイレもばっちり清潔

泊まったドミトリーはこんな感じで、しっかりした造りのベッドで寝られました。

 

元旅館の風情をそのまま残した畳の個室もあります。ここならカップルにもいいかも。

 

トイレもきれい。

 

有料で使える洗濯機(200円)と乾燥機(100円)もあります。

うん、オープンから1年と経っていないこともありますが、清潔感はばっちりですね! これなら安心して泊まれます。

ローカルな居酒屋で地元の人たちと触れ合う

いまさらの紹介になりますが、こちらが地元松本出身のtabi-shiroオーナー・キヨさん。めっちゃフレンドリーで、いろいろ気さくに話してくれます。

フレンドリーすぎるあまり、「みんなでメシでも行きますか!」といって、宿を閉めて僕とヘルパーのチエちゃんを行きつけの飲み屋に連れて行ってくれました。

なぜこんなことができるかというと、この日のゲストは奇跡的に僕ひとりだけだったから。国宝松本城を擁する松本といえど、真冬の平日(この日は月曜)の集客は厳しいのでしょうか。

とりあえずわかったのは、キヨさんめっちゃフレンドリーだなってことです。

 


手前はヘルパーのチエちゃん

それはさておき、まずやってきたのは松本駅のすぐそばにある焼肉屋「谷椿」。ジンギスカンで使うようなドーム状の焼台で焼くお肉は、どれも安くて美味しい!

話しかけても無言でピースサインを返してくるだけの会話キャッチボール不可なマスターもおもしろくて、まさにローカル情緒あふれる名店でした!

 

その次は谷椿の二軒となりにある居酒屋「みっちゃん」へ。8席ほどの小さなお店なのですが、小さいがゆえに客同士の距離が近く、結果的にみんなでわいわい飲むことになります。こういう雰囲気はゲストハウスのリビングに似ていて楽しい!

 

女将が「お客が持ってきたけどマズくて誰も飲まないからあげる」といってベトナムのウォッカ(右の赤いラベル)をくれました。恐る恐る飲んでみたら、アーモンドのような香ばしい風味がきいていて美味しかったです。2瓶空けました。

この次はバーに移動し、さらにそのあとは中華料理屋でシメたのですが、そのあたりの記憶が曖昧です。もしかしたらもう一軒行ってたかも。ていうかちゃんとお金払ったっけか……。もし払ってなかったらこの場を借りて謝ります。キヨさんごめんなさい、ごちそうさまでした。

松本観光の締めくくりはドライブ

そんなこんなで二日酔い気味で目覚めた翌日。チェックアウトの準備をしてからラウンジでだらだらしていたら、この日非番のチエちゃんから「よかったら車であちこち案内しましょうか?」という素敵すぎる申し出が!

せっかくなのでお言葉に甘えることにして、

 

パワースポットの有明山神社に行ったり、

 


安曇野市に新しくできたゲストハウス燈(とう)のオーナー・シズカさんも合流

美味しいお蕎麦屋さんに行ったりしてみました!

とまあ、こんな感じで松本の旅はおしまい。tabi-shiroのおかげで、観光地だけじゃない松本のローカルな魅力も発見できた2日間でした!

さいごに

松本市のゲストハウスtabi-shiro、いかがでしたか? デザインはイケてるしバーラウンジでの交流も楽しそうだし、素敵なゲストハウスですよね!

この日はゲストが僕ひとりだったりチエちゃんが非番だったりという偶然が重なったため、今回のような過ごし方ができました。

さすがにいつでもキヨさんやスタッフがあちこち連れて行ってくれるわけではないと思いますが、ゲスト同士連れ立って飲みに出ていくこともあるそうなので、同じような体験ができることでしょう。

松本へ旅行をするなら、tabi-shiroに泊まって楽しい時間を過ごしてみてくださいね! ではまたー!

松本ゲストハウス tabi-shiro

長野県松本市

ドミトリー:3500円~

 

“泊まってみた”の最新記事