ここから本文です

お知らせ・PR

ゲストハウスがあったら楽しそうな「地味にいい町」を選んでみた【今月のひげむぅ】

こんにちは、カズヤです。親の仕事の関係で幼少期からニューヨーク・ロンドン・東京を行き来する生活を送ってきた、という人に憧れています。

実際にはニューヨークもロンドンも行ったことありませんが、日本国内ならあちこち行ってきました。

僕の場合はゲストハウスがあるだけでその土地に行く理由になるので、有名観光地ではない、それこそゲストハウスがそこになければ一生訪れることがなかったであろう町に泊まることもあります。

そこでわかったのは、一見地味な町でも行ってみれば意外と楽しいということ。さらに言うと、地味にいい町×ゲストハウスの相性が良いということ。地味なだけに周辺の散策は一日あれば十分だけど、ゲストハウスに泊まれば夜も楽しいから、一泊でちょうどいい具合に町を満喫できるんですよ。

そんなわけで普段から「地味にいい町」を求めてネットをうろついているのですが、今回はそんな僕が見つけた、ここにゲストハウスがあったら面白そうだなと思う「地味にいい町」を紹介します!

今月のスポンサー様

その前に、ひげむぅを支えてくださるスポンサー様をご紹介!

谷川岳ラズベリーユースホステル様

群馬県有数の温泉地、みなかみ町にあるユースホステル。ラフティングやスノーシューなど、季節ごとにさまざまなアクティビティも楽しめます。今なら「ひげむぅを見た」で割引あり!

谷川岳ラズベリーユースホステル

SCENT of BLISS様

美しいビーチが広がる九十九里の南端にある東浪見で、ヨガ・食事・アロマなどのワークショップを宿泊型で行っています!

SCENT of BLISS

個人サポーター様

CAMPFIREで募集しているサポーター様は以下の方々。ありがとうございます!

この他に2名様のサポートを受けていますが、紹介のご希望がないので今回は割愛します。

ゲストハウスを作ってほしい町はここだ!

それでは、個人的にここにゲストハウスがあったら嬉しい!という町をご紹介。ゲストハウス開業を検討している人がいらっしゃいましたら、ぜひ候補地として検討してみてください。全力で応援します!

弘前(青森県)


弘前観光コンベンション協会

青森県で3番目の人口がある街で、桜の名所として名高い弘前公園や弘前城があったり、毎年150万人近い人が訪れる弘前ねぷたまつりが開催されたりと、今回紹介するなかではもっとも観光地っぽい街です。なので「地味にいい」とはちょっと違ってきますが、秋田や岩手と繋がる東北旅行の発着点としていい場所だと思ったので挙げました。


五能線 リゾートしらかみの旅

とくに弘前と秋田を日本海側で結ぶ五能線というローカル鉄道が素敵で、沿岸の絶景を楽しみながらゆっくり旅したいです。

ていうか東北にゲストハウスが少なすぎるので、もっとできてほしい! まじで!

鬼怒川(栃木県)

西日本での知名度は低いようですが、関東では名の知れた温泉地です。日帰り温泉が利用できる旅館やホテルがたくさんあるので、いろんな温泉を楽しみながらも宿泊はゲストハウスで安く済ますことができそう。

電車で2、3駅移動すれば龍王峡という景勝地もあるので、温泉以外にも楽しめる要素があります。

メジャーな温泉地なのでここも「地味にいい」とは違うかもしれませんが、温泉好きの僕としては鬼怒川にゲストハウスがあったら最高なので、誰か作ってくださいというメッセージも込めて紹介しました!

大多喜(千葉県)

房総半島の内陸部にある大多喜町には大戸や石神という集落があるのですが、今回紹介するなかで「地味にいい度」ナンバーワンと言えるのがここ!

広々とした田園風景のなかに古民家がぽつぽつと立ち並び、ローカル風情むんむんのいすみ鉄道が走り抜けるさまは、誰もが懐かしさを覚えることうけあいです。

以前に機会があって実際に訪れたことのある場所なのですが、本当に良い雰囲気でした。長野県の梢乃雪のように、何もないことを楽しむにはうってつけの土地です!

いすみ鉄道でのんびり来てもいいし、東京駅から高速バスに乗れば90分くらいで着くので、アクセスも悪くないはず。お願いします、誰かここにゲストハウスを作ってください!

新島(東京都)


新島観光協会

太平洋に浮かぶ伊豆諸島のひとつで、東京から約160キロメートルの沖合にあるのが新島。比較的本州に近いわりに自然が豊かで、絵に描いたような青い海と白い砂浜が広がります。

伊豆諸島のなかでは大島より海がきれいで、八丈島より観光地っぽさがなく、青ヶ島より行きやすいという、絶妙なまでに「地味にいい」ポジションにある気がして、がぜん注目しています!

最近では日本全国あちこちの離島にゲストハウスができているので、新島にもできたら嬉しいなー。

奈良井宿(長野県)

江戸と京都をつなぐ主要な街道のひとつであった中山道の宿場町、奈良井宿。江戸時代の情緒が色濃く残された街並みが素敵です! 東海道の関宿にあるゲストハウス石垣屋を思い出しますねー。

JR中央本線の奈良井駅を降りたすぐ目の前にあるのも魅力的。ゲストハウスの客層はマイカーを持ってない人がほとんどなので、公共交通機関でのアクセスの良さは大事でしょう。

同じ中央本線沿いには韮崎市の空穂宿や下諏訪町のマスヤがあるので、東京〜名古屋のゲストハウスをゆっくり泊まり歩いてみたいですねー。そのためにも誰か奈良井にゲストハウスを作ってください!

伊根(京都府)


伊根町観光協会

京都府北部の丹後半島にある伊根町には、舟屋の町並みという独特の風景があります。「舟屋」とは一階部分を船着き場にするため海上にせり出して作られた建物で、海側から見るとまるで家が海に浮かんでいるかのように見えるんです。

いいかんじに年季の入った家が多いので、さながら海上の古民家群といった、他ではなかなか見られない景観に心奪われます。奪われますといってもGoogleストリートビューで見ているだけなので行ったことないですけどね!

ひとことで言えば地方の漁村なので地味ですが、民宿は何軒もあるので観光地としての需要もあるのでしょう。ここにゲストハウスができたら、すっ飛んで行きますよ!

竹原(広島県)


ひろしま竹原観光ナビ

城下町や宿場町のような昔の町並みが好きで、あちこち調べていたときに見つけたのが広島県の竹原市。市の中心地には「安芸の小京都」と呼ばれる町並み保存地区があります。

正直なところ日本全国を見ればいくつもありそうな町並みなのですが、竹原市にはもうひとつ、大久野島というキラーコンテンツがあることがわかりました。ご存知の人もいるかもしれませんが、大久野島は大量の野ウサギが生息する、通称うさぎ島! 野良ネコならどこでも会えますが、野ウサギですよ、ウサギ!

しかも大久野島のウサギは人に慣れているので、怖がらせなければ触れ合うこともできます。

これはぜひとも行ってみたいので、どなたか竹原市にゲストハウスを! なにとぞ、なにとぞ!

さいごに

ということで、個人的にゲストハウスができてほしい町を紹介してみました。

あいかわらず各地に増え続けるゲストハウスですが、その多くは都市部にできている印象があるので、もっと全国津々浦々にできてくれれば楽しいのになーと思っています。

そしていつか、今回紹介したような「地味にいい町」にあるゲストハウスを泊まり歩く旅をしてみたいものですな!

“お知らせ・PR”の最新記事