ここから本文です

お役立ち情報

生粋の大阪人が厳選!大阪北部のおすすめスポットをご紹介

こんにちは。あやこです。

おひさしぶりの更新です。お待たせしました(調子乗んな誰も待ってないわ)。

もう少し面白おかしく書くに値する冒険的日常を送ってみたいものだなあと常々願っているのだが、最近うちの猫たちがかわいすぎて外出する気が失われているのである。

さて、今回は地元大阪への愛を示すべく、大阪で生まれ育った生粋の大阪人からおすすめスポット情報を皆さまにお届けしたい。

万博のシンボル・太陽の塔

まずは大阪北部にある謎のコイツ。

「芸術は爆発だ」の格言で有名な芸術家・岡本太郎氏の代表作で、1970年に大阪府吹田市で行われた万国博覧会のときに建てられたシンボル・タワー、太陽の塔である。順調に爆発していたことがびしびしと窺い知れるであろう。現在も万博記念公園内にでかい顔をして立ち尽くしている。

 

後ろはタトゥーのようなでかい顔。裏からどんな風に見えるのか知らなかった人も意外といるのでは!?しかも極秘情報なんやけど・・・、実は地下に第四の顔があるらしい・・・(ゴクリ)。

「これを公にしたことにより謎の組織から消されたらどうしよう・・・」あやこは自分の身を案じている。※公表されている情報です

さらにさらに、今年2015年には内部公開されることが決まっているらしい!大阪人やけど見たことない〜!気になる!

当時、依頼された岡本氏は「とにかくべらぼうなものを作ってやる」と言ったそう。

「べらぼうすぎるわ!でも嫌いじゃない!」あやこは叫んだという。

また、万博公園は太陽の塔だけじゃない。バーベキュー施設にアスレチック、綺麗な芝生も植えられていて小さい子どもが遊び回るのにぴったりの場所なのである。

非常に大きな蓮池があるなど、季節折々種々様々な花が咲き乱れているので、様々な景色を楽しめるのもすごくいい。フォトジェニックなのでカメラ好きには堪らないかも。老若男女楽しめる場所なのである。

紅葉や桜に映える大阪城

大阪のど真ん中にあるお城と言えばこれ、

大阪城ーーーー!!

わたしは歴史に明るくないためよく知らないが、秀吉的な人が建てた城らしきものの上に家康っぽい人がさらに建てたかもしれないのが現在残ってるこれだとか。曖昧ー!

天守閣には小学生以来登ったことないが、なんと現在はエレベーターで天守閣まで行けるねんて。ロマンの欠片もない。

ロマンはないが、大阪城の目の前にある高校に通っていたので、ここに来るとふわふわと懐かしい気持ちになる。

上の写真は辺り一面を紅く染める紅葉の季節だが、桜の季節もおすすめ。お城の印象は季節折々で異なる。

春には公園内のあらゆるところがピンク色に染まるこの景色も必見なのである。

日本一長い天神橋筋商店街

南北2.6kmにもわたってお店が立ち並ぶ天神橋筋商店街。日本一長いことで大阪では有名だが、その他の地域の人は知らないかもしれない。大阪城からもほど近いこの商店街、ぜひ一度覗いてみてほしい。

最寄駅も地下鉄天神橋筋6丁目、扇町、南森町、JR天満、大阪天満宮駅と5つもあり、ここに大阪らしさがぎゅーーーーーん(長い)と詰まっているのである。

お好み焼き、たこ焼き、キャベツ焼きはもちろん、「儲かってる!?」と心配になる値段で売られている衣類や、よく喋るお豆腐屋さんのおっちゃん、昭和レトロな珈琲店、美味くて安いちょっと小汚い居酒屋が軒を連ねていて、平日なのに酔っ払っているおっちゃんがちらほら。

つまり、活気がすごいのである。近年の道頓堀は中国・東南アジア系の観光客ばかりで「一体自分はどこにいるのだろう」と感じるが、ここ天神橋筋商店街ならきっと「大阪らしい平和」を感じられることウケアイ。

毎年7月24日〜25日に行われる、日本三大祭りで有名な天神祭はこの界隈で行われる。25日にはかなり大規模な花火も上がり、盛り上がること間違いない。

中之島・淀屋橋・北浜界隈のレトロな近代建築群

大阪ローカル雑誌などではよく目にするのだが、知らない人も多いかも。

中之島・淀屋橋・北浜界隈は明治〜昭和初期に建てられたレトロな建物が数多く残っている。

現在は主にイベントなどに使われている中央公会堂はその中の一つ。冬にはこの建物を使ったプロジェクションマッピングが毎日行われ、無料公開されている。

有名なスイーツ店「五感」の本店が入るビル、ベトナム料理店やブティックの入っている芝川ビル、時代はさらに遡るが緒方洪庵の適塾など、近代建築の好きな方なら結構見ごたえのある建築物がまだまだある。

おしゃれなカフェも多いので川沿いのおさんぽもオススメ!

ディズニーに負けてない!?USJ!!

今や言わずと知れたユニバーサル・スタジオ・ジャパン。USJ。おっちゃん、UFJちゃうで。出来た当初は、ディズニーリゾートにボロ負けやった。

スタッフのサービスレベルも、アトラクションの向こうに阪神高速がバリバリ見えてる光景も、何だか華のないキャラクターたちも、逆にその不完全さが愛おしくなるから不思議なことである。

がしかし、ここ近年のUSJはかつての姿を思い出せないほど楽しい。捲土重来、抱腹絶倒、和気藹々(特に意味はない)。

とくにわたしが好きなのはハロウィンのシーズン。日が暮れたのち、仮装した人々がいっぱいいるなあ!と思いきや、いつのまにかゾンビに囲まれ、次々と来場者たちを襲い出す。ホラーに次ぐホラー。バイオレンスまたバイオレンスが巻き起こるのである。

「ぎゃーーーーーーーっ!!!」

アトラクション要らず。ただパーク内を歩くだけで叫び、笑い、疲れるのだ。ぜひとも体感していただきたい。

最後に

大阪市の中北部あたりで生まれ育ち、つい最近まで北浜〜天神橋界隈に生息していたのでいささか偏ったおすすめスポットであることはお許しいただきたい。

大阪=怖いというイメージを持つ人間がこの世に多く存在すると聞くが、実はいいとこなんですよ(ハート)。

いずれも大阪の濃さを感じる場所、ぜひ訪れてみてください!!

大阪のゲストハウスなら

おしゃれ系から銭湯付きまで!大阪の注目ゲストハウスをまとめました【12選】

こんにゃくを英語で説明できる?外国人に和食の説明をするのがけっこう難しかった

Facebookページでも全国の
ゲストハウス情報を更新中!

“お役立ち情報”の最新記事