ここから本文です

お役立ち情報

観光スポット・グルメ・アクティビティなど、奥多摩の魅力を厳選してご紹介

どうもこんにちは、カズヤです。最近はとある事情で東京最西端の町、奥多摩に出入りする日々を送っています。

僕にとって奥多摩という町は、小さい頃に何回か行った記憶があるような無いような、そんな程度の場所でした。

でも大人になってから来てみると、豊かな自然があるのはもちろん絶品の料理やお酒が楽しめるお店もあったりして、かなりおもしろい場所だったんですよ!

ということで今回は、都内から2時間で着く東京のオアシス・奥多摩の魅力をお届けしたいと思います!

おすすめの奥多摩観光スポット

山や渓谷、湖などのイメージが強い奥多摩かもしれませんが、鍾乳洞や温泉もあるって知っていましたか? そんな奥多摩の見所スポットをご紹介です!

奥多摩湖

水道専用貯水池として造られた人造湖で、山間にたたえられたエメラルドグリーンの湖水が美しい景観を作り出しています。紅葉の季節には赤や黄色に色付いた木々が湖面に映り、まさに壮観な景色が見られるでしょう!

湖上の浮橋は一見の価値ありなので、まずはこちらのGoogleストリートビューでご覧ください。

日原鍾乳洞

関東随一の規模を誇るという日原鍾乳洞は、奥多摩観光の目玉のひとつ。色とりどりにライトアップされた幻想的な空間には息を呑みます! 奥多摩駅からバスも出ていますよ。

日原鍾乳洞

奥多摩むかし道

奥多摩駅のそばから奥多摩湖までを結ぶ約10kmのハイキングコース。神社やお地蔵様、吊り橋、古民家集落など、奥多摩の歴史が詰まった旧青梅街道をたどる3〜4時間の道のりです。

海沢渓谷と海沢三滝

海沢渓谷には三ツ釜の滝、ネジレの滝、大滝という3つの名瀑があり、それらを総称して海沢三滝と呼びます。苔むして緑色に輝く岩場が続く渓流は夏でも涼しく、人気のトレッキングコースになっています。

氷川渓谷

同じ多摩川でも、奥多摩まで来れば水の美しさは下流とは比べ物になりません! 駅の近くの渓流には広い河原があるので川遊びもできます。清流のほとりを散策できるように整備された遊歩道は、吊り橋などもあって楽しいですよ!

雲取山

標高2017メートルを誇る東京都の最高峰。日本百名山にも選ばれており、多くの登山客が訪れます。山中にはいくつかの山小屋があり、通常はそこに泊まって2日間で登山します。

もえぎの湯

奥多摩で大人気の温泉施設。大きな内風呂に露天風呂・足湯のほか、広い食事処もあって設備は充実しています! ただ土日はとんでもなく混雑するので、日帰り温泉を提供している他の旅館の利用も検討してみましょう。

奥多摩温泉 もえぎの湯

おすすめの奥多摩グルメ

奥多摩を何もない田舎町だと思ったら大間違い! 自家醸造のクラフトビールや料亭レベルの本格和食が楽しめるお店など、グルメだって粒ぞろいなんですよー!

Beer Cafe VERTERE

2015年7月にオープンしたビアカフェVERTERE(バテレ)では、お店で醸造する自家製のクラフトビールを飲むことができます。ヴァイツェン、クリームエール、IPAなど常時5種類ほどのクラフトビールがあり、奥多摩の自然に囲まれて楽しむ味わいはどれも絶品! ビール好きは要チェックです!

Beer Cafe VERTERE

蕎麦太郎カフェ

うどんや蕎麦をはじめ、インドカレーやグリーンカレーなどの多彩なメニューが楽しめるカフェ。なかでも大麦粉と小麦粉を1:1の割合で使った「麦切り」という麺は、よそではなかなか食べられないイチオシの逸品ですよ!

蕎麦太郎カフェ

炉ばた あかべこ

荒澤屋という旅館に併設された居酒屋で、都内の料亭で腕を磨いた板前と利酒師でもある若女将のコンビによる、上質な和食と日本酒が味わえます。全国各地から仕入れるお酒は飲み比べセットでも楽しめ、若女将が解説しながらグラスに注いでくれます!

炉ばた あかべこ

酒処きみちゃん

強烈なキャラの女将・きみちゃん(写真左)が切り盛りする駅前の小さな居酒屋。お客さんも地元のおじさんおばさんばかりで、ドが付くほどローカルな奥多摩随一のディープスポットです。挑戦者求む!

ポートおくたま

2016年8月、奥多摩駅舎の2階に新しくオープンしたカフェ。コーヒーやお酒が飲めるほか、奥多摩発の商品や野菜の販売もしています。奥多摩は電車の本数が少ないので、電車待ちのちょっとした時間に利用してみてはいかがでしょうか?

おすすめの奥多摩アクティビティ

せっかくの大自然なんだから見て楽しむだけじゃ物足りない!という人のために、体を動かして全身で奥多摩を満喫できるアクティビティをご紹介します。

レンタサイクル

豊かな自然が楽しめるスポットが点在する奥多摩ですが、歩くには遠すぎるし車では小回りが利かないと感じることもあります。そんなときは、奥多摩駅前にあるレンタサイクルショップ・TREKKLINGを利用しましょう! 電動アシスト付き自転車もあるので、アップダウンの多い奥多摩でも安心です。

TREKKLING

白丸湖でカヤック

奥多摩駅のお隣、白丸駅の目の前にある白丸湖ではカヤックのレッスンが受けられます。ベテランインストラクターによる丁寧な指導なので、初心者でも心配無用! 森に囲まれた静かな湖というロケーションも最高です。

カヌースクール グラビティ

氷川国際ます釣場

奥多摩駅の近くの渓流にあるマス釣場。道具や餌はすべて揃っているので、手ぶらで行ってもOKです! 釣った魚を塩焼きにしてくれたり、事前の予約でバーベキューセットを用意してくれたりもします。

氷川国際ます釣場

氷川キャンプ場

奥多摩駅から徒歩7分ほどの、河原沿いにあるキャンプ場。ロッジやバンガローのほか、テントサイトもあります。奥多摩の大自然を全身で満喫できそうですね!

氷川キャンプ場

まちおこし団体・OBC

観光とは関係ないのですが、おもしろいのでご紹介。今は廃校となった小河内(おごうち)小学校の卒業生が中心となって結成したまちおこし団体・Ogouchi Banban Company(略称=OBC)。「子ども参加型まちおこしエンターテイメント」を掲げ、地域の子どもたちと歌って踊って町を盛り上げています!

Ogouchi Banban Company

さいごに:奥多摩にゲストハウスを作ります

奥多摩は都心からだと電車でも車でも2時間で着くため、日帰りでも余裕で行けちゃいます。でもここで紹介したように奥多摩の見所はたくさんあるので、存分に満喫しようと思ったら1日ではとても足りません。

ところが奥多摩には旅館や民宿しかないので、1泊しようとするとまあまあな値段になってしまうんですよね。せっかく都内から手軽に来て大自然を楽しめる場所なのに、手軽に泊まれる宿、つまりゲストハウスが無いなんてもったいない!

ということで、自分で奥多摩にゲストハウスを作っちゃうことにしました。まだまだ物件を探している最中ですが、必ずやり遂げます。開業までの道のりを記録するブログも始めたので、よかったら覗いてみてくださいな。

ゲストハウスをつくりたいの奥多摩に俺は。

 

最終的にブログの宣伝になっている感が否めませんが、奥多摩が素敵な場所なことには変わりありませんので、ぜひ遊びに来てくださいねー!

“お役立ち情報”の最新記事