ここから本文です

泊まってみた

縁側女子が厳選!日本の夏を感じる縁側付きゲストハウス【7選】

みなさん、こんにちは!
縁側が好きすぎて日本全国の縁側を巡っている縁側ちゃんです。好きな食べ物はスイカ、嫌いな食べ物はきゅうり!

ということで、夏の風物詩が大好きな縁側ちゃんが、夏を満喫できる縁側のあるゲストハウスを紹介しちゃいます!

今年の夏は縁側でまったりと“日本の夏”を感じてみませんか?

那須ゲストハウスDOORz(那須)

田舎の風景を満喫したいなら、栃木県の那須にあるDOORzがおすすめ。近くには田んぼもあり、田舎感が出ています。

 

玄関のすぐ横には縁側があり、まったりすることができます。

 

P6050745

この日は、テレビ東京の「Youは何しに日本へ?」の取材をされたバックパッカーカップルが泊まりに来ていました。昨年ここに来て、今年も来るほどDOORzが気に入っているそうです。

夜ご飯は地元の人も巻き込んでみんなで作りました。近隣の人と交流できるのもDOORzのいいところです。

DATA

那須ゲストハウスDOORz
栃木県那須郡那須町大字横岡125
営業時間は週末(金土日泊)のみ
1泊4500円(夕食、朝食の2食分の食材費込み)
1泊3500円(素泊まり)

湘南ゲストハウス耳日(鎌倉)

ご夫婦が営んでいることもあり、週末にだけオープンする湘南ゲストハウス耳日。

 

築40年で、古民家としては比較的新しい建物。冬は寒いので、みんなでこたつを囲んで過ごします。

 

海からの風が気持ちよく抜けるので、夏でも寝苦しい夜は数える程だそうな。海の近くならではの過ごし方ができそうです。

DATA

湘南ゲストハウス耳日
神奈川県鎌倉市材木座5-11-23
1泊3500円

亀時間(鎌倉)

ゆったりとした時間を過ごしたいなら亀時間がおすすめ。鎌倉駅周辺とは違い、鎌倉に暮らしている人たちの姿が垣間見えます。

 

夏になると縁側に座ってのんびり過ごす人が多いのだとか。

 

ゆっくりまったりできすぎて、私は夜9時に寝たほど!笑

沖縄にいくと時間の流れが遅いなんてよく言われているけど、こういうところに来るだけでもゆっくりできるな、と思います。

DATA

亀時間
神奈川県鎌倉市材木座3-17-21
1泊3500円

お茶の間ゲストハウス(勝浦)

綺麗な海の近くにあるのがお茶の間ゲストハウス。関東には綺麗な海がないと思っていただけに、こんなに海がきれいだったんだ!と驚かされるくらいでした。

 

涼しくて、心地よくて、海も入れる。
縁側で過ごす時間は、極上そのもの。カフェやホテルのラウンジでは感じることのできない風や空気が流れています。

 

風鈴の音を聞きながら、この席で読書をするのも最高です。

 

お茶の間ゲストハウスのご飯はとにかく美味しくてお得!!!
最近ではご飯を出してくれるゲストハウスも増えていますが、ここは別格でした。夜ご飯はこの量で700円。手作りのパンが食べられる朝ご飯は300円です。

美味しくて安いので、リピーターの方もこのご飯を食べにくるというほど。

DATA

お茶の間ゲストハウス
千葉県勝浦市守谷804
1泊2800円

古民家ゲストハウス梢乃雪(北安曇郡)

古民家ゲストハウスとして有名な梢乃雪。長野県のど田舎にある築150年の古民家は、日本の原風景そのものでした。

 

DSC_0485

周りにはほんとになんにもないので、縁側でまったりして過ごしたり、

 

DSC_0477

縁側で昼寝をするのも最高です。
珍しい畳の縁側なので、かなり気持ちよく爆睡できます。

梢乃雪のいいところは、チェックアウト時間が特に決まっていないところ。もちろん清掃などがあるので荷物の移動はしなければなりませんが、のんびりしていってというスタンスなのです。毎日忙しさに追われる生活をしている人におすすめです。

DATA

古民家ゲストハウス梢乃雪
長野県北安曇郡小谷村中土12965-1
1泊2食付き4600円

ゲストハウス金魚家(京都)

町家ということもあり、京都の中でも海外観光客から人気なのが金魚家。ドミトリーは平日でも満室ということが多いです。

 

それぞれの宿泊者が縁側のある居間に集まり、各々好きなことをしながら過ごしていました。

夏でも涼しく過ごせるように造られている町家ですが、さすがに朝はむわっとしていて暑かったです。夕方から夜にかけては、縁側が涼しいです。縁側のある家って無条件で涼しいと思っていたのですが、京都という地形もあってか、蒸し暑いですね。温かい風が通るかんじです。

DATA

ゲストハウス金魚家
京都府京都市上京区歓喜町243
1泊2700円
朝食付き1泊3400円~

ゲストハウス錺屋(京都)

大正時代に建築されたモダンな町家を使い、2009年にオープンした錺屋。玄関をみても町家感がない・・・。笑
これぞ大正時代といったかんじですね。

 

ドミトリーに泊まっている人でも中庭に出れて、縁側を眺められる設計が素晴らしいです。そんなつもりで設計したかは謎ですが。笑

 

一番人気の個室「縁側付きトリプルルーム」の縁側。

女将のりょうこさんがレトロで可愛いものが好き♡ということもあって、ところどころにそのセンスがうかがえます。女性専用ドミトリーがあることから、女性も多く感じました。

DATA

ゲストハウス錺屋
京都市下京区五条通室町西入南側東錺屋町184
女性ドミトリー1泊2500円

最後に

縁側のあるゲストハウスには、比較的ゆったりとした空間が流れている気がします。東京などの都会出身で田舎がないという方は、ぜひ地方のゲストハウスに泊まりに行くのをおすすめします。

“泊まってみた”の最新記事