ここから本文です

ゲストハウスとは

ここ数年で全国各地に急増しているゲストハウスという宿泊形態。かつてはバックパッカーなどのひとり旅行者向けの安宿という認識で、安かろう悪かろうというイメージが強かったかもしれません。

しかし近年ではそういった印象もガラリと変わり、人と人との繋がりを生む場や、地域の魅力を発信する場としての意味合いを強めてきています。

施設に関しても、カフェのようにお洒落な空間だったり古民家をリノベーションした風情ある建物だったりと、クオリティの高いゲストハウスが増えてきました。

そんなゲストハウスには、ホテルや旅館と比べてどんな魅力があるのか?どんな人におすすめなのか?そういったことについて紹介していきます。

一般的なゲストハウスの特徴

格安で泊まれる

地域によって差はありますが、ほとんどのゲストハウスは素泊まり一泊で2000円~3500円といったところ。連泊することで割引をしてくれるゲストハウスもあるので、長期の滞在でも宿泊費を抑えることができます。

相部屋がある

ドミトリー」と呼ばれる相部屋があります。二段ベッドがいくつも置いてあったり、布団を敷いて雑魚寝をしたりと、その形式は宿によってさまざまです。

サービスは必要最低限

歯ブラシや髭剃り、浴衣やタオルといったアメニティは無いのが普通で、ベッドのシーツも自分で敷くところが多いです。無料や有料で朝食を提供しているゲストハウスはありますが、夕食を提供するゲストハウスほとんどありません。トイレ・シャワー・キッチンなどの設備も共用になっています。

交流が生まれる

ゲストハウスの利用客はコミュニケーションに積極的な傾向があるので、宿泊客の集まるリビングルームでは旅人同士の交流が生まれます。これがホテルや旅館にはない、ゲストハウスならではの魅力です。

外国人の宿泊客が多い

日本ではまだまだ認知度の低いゲストハウスですが、欧米をはじめとする海外では一般的です。そのためゲストハウスの利用客には外国人が多く、世界中からの旅人が集まる場となっています。

こんな人におすすめ

宿泊費を抑えたい


浮いたお金でご当地グルメを満喫!

ゲストハウスの大きな魅力のひとつは、なんといっても格安の料金。宿泊費をできるだけ抑え、そのぶん観光や食事で贅沢をしたい人におすすめです。

ひとり旅ってちょっと寂しい


みんな初対面でもこの仲良しっぷり!

ひとり旅って行き先も時間の使い方も自分次第なので、気ままで楽しいんですよね。でも、ふと寂しくなって人と話したくなる瞬間がありませんか?とくに夜とか。ゲストハウスに泊まればスタッフや旅人たちとの交流が楽しめるので、そんな寂しさを感じることもないでしょう。

行き当たりばったりの旅が好き


仙台のゲストハウススタッフに教えてもらった山形県の秘境

ゲストハウスに泊まると、宿のスタッフやあちこち旅をしてきた旅行者たちから色々な情報が得られ、ガイドブックに載っていないような穴場にたどり着くこともあります。事前に綿密な計画を立てず、気分次第で行き先を決める旅が好きな人におすすめです。

国際交流に興味がある


みんなで鍋パーティー!

ゲストハウスには外国人の宿泊客が多いので、国籍や言語を越えた交流が生まれる機会がたくさんあります。いちばん使われる言葉はやはり英語なので、英会話に挑戦してみたい人にとっては絶好の場となるでしょう。併設のカフェだけでも利用できるゲストハウスもあるので、そういうところに通ってみるのもアリです。

さいごに

いかがでしたでしょうか? ゲストハウスがどのようなものなのか、少しでもわかっていただけたら幸いです。

これらはあくまでも一般的な話なので全てのゲストハウスに当てはまるわけではありませんが、ひげむぅではここで挙げたような特徴を持つ宿を中心に紹介しています。

なかでも「泊まってみた」というカテゴリのブログ記事では、実際にゲストハウスに泊まったときのありままの様子を伝えています。ゲストハウスのリアルな日常を知りたい人は、ぜひご覧ください!

カテゴリ一覧

Facebookページでも全国の
ゲストハウス情報を更新中!